×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンジョイスポーツクラブでは、専任コーチによる指導育成を行っています。

指導育成概要
エンジョイスポーツクラブ ESC

トップページ > 指導育成概要

サッカースクールの段階的指導概要

U−6(幼児)

遊びを通じて 〜集団に慣れる、ボールで遊ぶ〜
ボールに慣れ、積極的に関わる楽しさ、気持ちを育てる指導を行います。 また、遊びで楽しみながら運動能力の初期発育を促すトレーニングを取り入れています。
そして何よりサッカーが大好きになれるようにします。

U−8(1・2年生)

刺激を与えて 〜ボールを止める蹴れる技術の習得〜
基本的な技術の正確性を高め、対人プレーでの「勝つ」気持ちを育てます。 また、身体の様々な神経を刺激し、育成黄金期(ゴールデンエイジ)に備えた基礎を行います。
低学年大会などの公式戦に参戦し、”チーム(集団)が勝つことの難しさ”についても数多く体験できるようにします。

U−10(3・4年生)

プレゴールデンエイジ 〜ゴールデンエイジの準備〜
能力に差が出始める頃だが、個人のスキルに合わせたきめの細かい指導を行います。多彩な練習によりスキル獲得を目指します。
仲間と一緒にサッカーができる喜びを感じさせ、対人関係の大切さが実感できる指導を行います

U−12(5・6年生)

ゴールデンエイジ 〜最大の飛躍の時期〜
U−10の基礎を元に、「即座習得」の時期に合わせたテクニカルな指導を行い、パーフェクトスキル獲得を目指します。
すぐできる喜びを実感させて、更なる飛躍に合わせた指導を行います。











Copyright © 2006
エンジョイスポーツクラブ
All Right Reserved.